Top >  > 車は買取?それとも下取り?

車は買取?それとも下取り?

車の買い替えを検討する際に、現在乗っている車を下取りに出す事を考える人は多いでしょう。

下取りというと、基本的には車業者の店舗に持ち込みを行い査定をしてもらう事となります。

現在では出張査定にも対応している業者も多く存在します。

持ち込みすることが本当によい方法でしょうか?

下取りの車で受けたお金は、購入資金となり追金を払って次の車を購入するはずです。

下取りされた車は、新たなユーザーの元に行きます。

買取業者は買取った車を他のユーザーに転売するか、オークションにて売却するかのどちらかとなるでしょう。

買取った車を売却する際、必ず買取額よりも高く売却しなければなりません。

この事から分かるように下取りに車を出せば、下取り車の売却と販売車の利益との両方で利益を得る事となるのです。

今までに車の買い替えをした人で、このような経験のある人もおられるでしょうが、購入車を探している人が値引交渉を進める中で下取り車があると言うと、「当店で新たな車を購入していただけるのであれば、買取額を10万円上げさせていただきます。」と言われたことはありませんか?

このことは、一見すると10万円も買取額を上げてくれたと思い、得であるかのように思いますが、では、なぜ買取りのみでは10万円も低く見積もられるのでしょう?

特に中古車購入をする場合、買取額が高くなる傾向が見られます。

これは、購入車の方に大きな利益が含まれていることが多く、分かりやすく言えば数字のマジックであり、全く得にはなっていないのです。

先ほども言いましたが、買取り見積もり価格は必ず売却額より低く、たとえ数社の見積もりを行って、その中で最も高く中古車査定額を出した業者であっても、転売時には大きな利益を付加して売っています。

結果から言うと、あなたの愛車買取を高値でしなければ、ユーザーは大きな損失となるのです。

ここまでのことから、下取りは業者にとって一番おいしいことで、販売と仕入れを一挙に行うのです。

かと言って下取りが必ずしもマイナスではありません。

車買取業者ランキング!口コミ・評判の掲示板

関連エントリー
車は買取?それとも下取り?昨今の車買取の状況を知らずに下取りに出すと損をします